top  キレイに印刷?  既製品とオリジナル  少ない数でも  染色方法  街頭選挙  寄席の入り口  デモ行進  sitemap

オリジナルのぼりを作ろう!

オリジナルのぼり制作方法について

ビル

比較

屋外でも屋内でも使えて、価格が安い割に目立つと言う費用対効果にも
優れた便利なアイテムと言えばのぼり旗ですが、大きく二つに分けると
既製品とオリジナル印刷とに分けることができます。

 

どちらもそれぞれメリットがありますから、よく把握して比較した上で
購入を決めることが大切です。

既製品は文字通り、すでに完成されているタイプののぼり旗になり、たくさんの種類があります。
そして、1枚1,000円もしないと言うお手頃価格です。
また、すでに完成しているわけですから、発送までの時間が早いのが嬉しいところです。

こだわる

一方オリジナル印刷は、自分でデザインを考えて依頼をすると言う
特別な形での注文になりますから、当然それなりに時間を要します。
そのため、決めなければいけないことも多くすぐに発送と言うわけにはいきません。

時間

ただし、料金をプラスして急ぎの特別便を利用することで
翌営業日の発送が可能になることもあります。

 

また、オリジナル印刷ののぼり旗は、何と言っても既製品にはない
個性的なのぼり旗を作ることができるのが嬉しいところです。


強くこだわりたい部分があるのであれば、断然オリジナルでの
のぼり旗製作をするべきですが、やはり時間には余裕を持って
段取りを進めていくというのは重要です。

のぼり旗製作の上で気をつけておきたいのは、何を最重要視するかです。
デザインが何よりも大事なのか、納期が最優先なのか。
それによって、選択肢も変わってきます。

デザイン性や発送のタイミングなど、色々なことを意識して
自分なりにきちんと比較をして注文すると良いでしょう。