top  キレイに印刷?  既製品とオリジナル  少ない数でも  染色方法  街頭選挙  寄席の入り口  デモ行進  sitemap

オリジナルのぼりを作ろう!

オリジナルのぼり制作方法について

ビル

解像度

店が大通りから一本裏通りに入った人通りと車通りが少ない場所に
位置していて、目立ちにくいという場合に重宝するのがのぼり旗です。

 

のぼり旗は、風の影響ではためくことから通常の看板よりも目立ちやすく
活気があるように見えるという特徴があります。

効果を発揮する

 

しかし、お店の名前やセールスポイントを印刷しただけののぼり旗では
効果を最大限発揮することは難しいと言えます。

効率的に集客効果を上げるには、のぼり旗を印刷する際に
解像度などに気を配ることで、より良い物を仕上げることができます。

 

のぼり旗は、通常の印紙などに印刷する場合と比較すると
非常に大きなサイズになります。

こうした大きなサイズで出力するには、予め解像度の高いデザインで
設計しておかなければなりません。

適した

 

通常の印紙などと同じサイズで設計してしまうと、旗に印刷した際に
モザイク状になってしまうので、デザインがわからなくなってしまいます。


気持ち的に、大き過ぎるというほどの余裕を持って設計するのが適しています。


のぼり旗の製作時には、オリジナルでの製作をするか既製品のぼり旗を注文するかを
考えることができます。


既製品のぼり旗を注文する場合、気に入ったデザインさえ見つかれば
すぐに納品されますが、オリジナルにする場合はそのデザイン次第で
製作にかかるまでに時間がかかる場合もあります。


そのため、ある程度のデザインが決まった時点で一度業者に相談してみることで
納期に間に合わずバタバタすることのないよう、スムーズな段取りが組めます。