確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

医療脱毛と美容脱毛の定義

医療脱毛と美容脱毛はどう違うのか疑問に思うかもしれませんが、その定義は医療行為であるかどうかです。
クリニック等の医療機関で受けられるものは医療行為であり、国家資格のある医師や看護師が施術します。
施術方法も毛をつくる細胞を破壊するためにレーザー照射をすることで永久脱毛するのが特長です。


トラブルが生じた場合は診察や薬を処方してもらえます。これに対し、美容脱毛はエステサロンで受けられる脱毛です。医療行為ではなく研修を受けたスタッフが脱毛処理をおこないます。

エステサロンのスタッフ


施術もレーザーではなく特定の波長の光を毛根のメラニン色素に照射することで脱毛するため、
永久脱毛ではなく毛が生えてくるのを抑制するというのが正しい表現です。


中には永久という言葉を使用するサロンもありますが、永久脱毛とは最終脱毛をしてから
1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることが条件なので、そもそも永久脱毛できるのはクリニックしかないことになります。

それではどちらを選べばよいかですが、効果や肌トラブル、費用や痛みなどは人それぞれなので、
総合的に考えて自分にあった脱毛法を選びます。脱毛する人の中には部位ごとに併用している場合もあり、
痛みを感じやすい部分は美容脱毛、痛みを感じにくい部分は医療脱毛と使い分けている人もいます。

 

クリニックとサロンの脱毛効果の違いと選ぶときの基準

医療脱毛と美容脱毛の効果の違いは、脱毛効果の強さと持続性で評価できます。
医療脱毛はレーザー照射によって細胞破壊するためを永久脱毛ができ、効果も長持ちします。


これに対してサロンの施術は毛が生えてくるのを抑制する効果しかないので、脱毛を終えるとまた生えてきます。
ただし永久脱毛をしてもまた生えてくるので、一生毛が生えてこないわけではないです。


それではどのような基準で決めるかですが、費用と施術に伴う痛みという点で比較してみます。
まず費用ですが、1回当たりの相場はサロンの方が安いという結果が出ています。

費用の違い


ですが、満足できる効果を得るために火曜回数はクリニックより多いため、総額を比較すると相場は変わらないという結果です。

次に施術に伴う痛みは、クリニックの方が強い傾向にあります。このため麻酔を使用することもできるのも特長の1つです。
これに対しサロンでの脱毛は全く痛みがないわけではありませんが、医療行為ではないため麻酔は使えないことを知っておきます。


それでは結局どちらを選ぶのかということですが、人それぞれだといえます。
医療脱毛から美容脱毛に切替える人もいますし、その逆もあります。


また先述したように部位によって使い分けている人もいるので、双方の違いを知った上で自分に合った施術を選択します。