top  キレイに印刷?  既製品とオリジナル  少ない数でも  染色方法  街頭選挙  寄席の入り口  デモ行進  sitemap

オリジナルのぼりを作ろう!

オリジナルのぼり制作方法について

ビル

デモ行進

のぼりの意外な使用例の1つにデモ行進があります。

 

デモに関しては、一般的な認識として、決まった区間を
大勢の人が主義主張を訴えながら行進するものと捉えられています。


一方、方法の1つとしてサイレント・デモと呼ばれる
スタンディングスタイルが用いられることも多く、この場合
通常では行進は少なく、声を発することなどは行われません。

視覚で訴える


デモを行う際には、事前に各都道府県の警察組織に申請は必要になるものの
通常デモとサイレント・デモは違いがあり、特にサイレント・デモの場合には
のぼりを使用することで効果のあるアピールをすることができます。


大きな理由に、通常デモでは聴覚に訴えるのが主であるのに対し
サイレント・デモでは視覚に訴える点があります。


視覚を刺激するために回りの人に強い持続性を与えることになり、
文字だけでなくデザインを変える事で、さらに効果を高めることも可能になります。

 

見る


デモ行進で使用されるのぼりに求められるものは、視認性と好印象が重要な要素になります。


特にサイレント・デモでは重要になり、存在感のあるものを使用することが大切になります。
例えば、通常型の他に変形タイプも効果があり、できるだけ重要が少ない材料で
作ることもポイントの1つになります。


デモ行進で使用される理由には、もう1つ場所を取らずにアピールできることがあります。
日本の場合には海外に見られるような道路を占拠して行われることは非常に少なく、
多くは、道路の狭い場所を占拠することで行われています。


この場合、のぼりは大きな効果を発揮することになり、遠くからでも確認できることがあります。