top  キレイに印刷?  既製品とオリジナル  少ない数でも  染色方法  街頭選挙  寄席の入り口  デモ行進  配色のNG  視認性  sitemap

オリジナルのぼり

オリジナルのぼり制作方法について

デザインする

配色のNG

お店や商品を宣伝していく時には、オリジナルののぼり旗を作成して
宣伝していくと良いものですが、この時に注意しておきたいのが
デザインの配色です。


オリジナルののぼり旗を作成する時には、複数の色を組み合わせるのが
一般的ですが、配色を誤ると見づらくなってしまうのです。


見づらくなってしまったら、宣伝をするという目的を達成できなくなりますから、
十分注意しておきたいところです。


なお、実際にどういった配色だと内容が見えにくいのかというと、
赤と青の組み合わせというのは良くありません。

赤と青


組み合わせてみると良くわかりますが、目に負担がかかって
長く見ていたくなくなってしまうものです。


これではまともに宣伝できませんから、避けておいた方が良い配色だと言えるでしょう。

赤や青が好きで、オリジナルののぼり旗を作成する時に採用したいと考えている人は、
他の色と組み合わせると良いものです。


赤は白や黄色と相性が良いですし、青も白と黄色との相性が良いです。

ちなみに、上手な色選びをするためには、配色に関する知識を増やすのがお勧めです。


面倒くさいと思う人もいるでしょうが、簡単にできる方法があります。

それが、のぼり旗の既製品をチェックするという方法です。
のぼり旗の既製品をチェックしてみると、インパクトのあるデザインののぼり旗を見ることができます。

参考にする


どれも配色がうまく、見やすくてインパクトがあるデザインになっていますから、
オリジナルのデザインを考える時の参考になります。