確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

何故ヘルペスだと医療脱毛できないのか

ヘルペスは感染症の1つで、非常に感染力が強いために、病気で脱毛すると
すぐに院内がウィルスで汚染されてしまい、他の人が感染してしまう危険性があるため
発症している時は施術できません。


医療脱毛時に使用した器具や装置にウィルスが付着することで感染が広がり、
感染者を増やし、患者を増やすことになります。また医療脱毛にはレーザーを照射する場合もあり、
症状が悪化する可能性があります。

体調が悪い
ヘルペスを発症している時期には免疫力が落ちて、体調が悪い時でもあります。
無理に医療脱毛をしないで、症状が治まるまで治療に専念することが大切です。


加えて傷や炎症など、皮膚のトラブルがなければなければ健康なので脱毛の施術を受けても問題ないのですが、
そうではない場合はウィルスが侵入して感染する場合があります。


発症時にはマスクを使用したり、タオルの使い分けをするなどして、他の方への感染がないように注意することが必要です。
大手のサロンや病院であれば、ウィルス除去や殺菌のために消毒液を準備したり、滅菌した器具を使用しますが、
自分から感染源にならない、また増やさないように考えることも必要です。


そして症状は個人差もありますが、医療機関で適切な治療を行えば1週間程度で症状が和らぎますが、
治ったと思っても再度発症する可能性があるので、免疫力を下げないように気を付けることも重要です。

 

ヘルペスとはどのような病気なのか

ヘルペスとは誰でもかかりやすい皮膚病で、ウィルスに感染することで発症する病気です。
帯状疱疹と単純疱疹に分けることができますが、一般的にヘルペスと呼ばれているのは帯状疱疹のことです。


症状は皮膚の広い範囲で赤い発疹や水膨れができて、体の右側か左側の片方に症状が出始め、
体全身に広がることはないと言われています。またこの病気は個人差がありますが痛みを伴います。
激しい痛みを感じる方もいれば、軽い痛みを感じる程度で済む方もいます。

痛みの程度


単純疱疹はウィルスに感染することで発症します。また単純疱疹は1型と2型に分かれ、
1型は口周りなどの顔面や上半身、2型は性器や股下の下半身の部分に発症しやすいと言われています。


単純疱疹でよく知られているのは、口唇と性器の部位に水膨れや発疹ができる症状です。
この病気は一度感染すると、完治することがないと言われています。
それはウィルスが体内の神経節に逃げ込んで、一生棲み付くためです。


皮膚上の症状は治療で一時的に治まりますが、体調がすぐれない時に再発します。
しかし症状が出ていなければ他の方へ感染する危険性は小さいので、医療脱毛の施術を受けることが可能です。


加えて感染していることを隠して医療脱毛を行うと予測しなかった皮膚のトラブルを起こす可能性が起きることと、
他の方へ感染する可能性があるので、告知することが必要です。