確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

代表的な2つの医療脱毛

近年、美容クリニックや脱毛専門クリニックなどの医療機関でよく使われている
代表的な医療脱毛のレーザー機器には2種類のものがあります。


それが「蓄熱式レーザー」と「熱破壊式レーザー」です。これらはレーザーの照射方法や
脱毛効果の期待できる毛質、使うことのできる肌質などに違いがあります。

肌質に合わせる


蓄熱式レーザーとは、低出力なレーザーを脱毛させたい部位に連続して当てることで脱毛効果が得られる装置です。
肌の内側にあるバルジ領域に働きかけるのが特徴で、一般的に施術後2週間以上経過してから抜けます。


照射スピードは熱破壊式レーザーと比較して早く、施術時間が短くて済む点も魅力です。
熱破壊式レーザーとは、出力の高いレーザーを1回だけ照射して脱毛する装置です。


脱毛させたい毛の毛乳頭や毛母細胞に影響を与えて脱毛させます。
施術後から脱毛するまでが早く、1週間から2週間ほど経過してから抜け始めることが多くあるのが特徴です。


しかも早い場合には、施術を受けた当日から抜けることもあります。熱破壊式レーザーの照射スピードは
蓄熱式レーザーと比較すると遅いですが、1発ずつ当てるため医療脱毛の中でも比較的早いと言えるでしょう。

 

蓄熱式と熱破壊式は結局どっちがよいのか

医療脱毛の蓄熱式・熱破壊式の、どちらのレーザーを選んだら良いか迷うことも多いと思われます。
これらはそれぞれ適した毛質・肌質に違いがあるので、毛のタイプや肌の状態などによって使い分けることが大切になります。


低出力のレーザーを連続照射して脱毛する蓄熱式の脱毛器は、産毛のような色素が薄く細い毛であっても脱毛させやすいのがメリットです。
また肌の色が元々黒かったり、日焼けをしていたりする人であっても使うことが出来るのも良いところです。

日焼けした肌


肌のトラブルを抱えている場合でも利用できることのある医療脱毛なので、クリニックで相談してみると良いでしょう。
それから出力の高いレーザーを使用する熱破壊式の脱毛器は、反対に硬い毛や太い毛であっても脱毛させられる可能性がある装置です。


太くて色の濃い剛毛を脱毛させたいという場合には、こちらのレーザーを使用することによって奇麗に脱毛出来る可能性があります。
太い毛であっても比較的早く、脱毛の効果が実感できると期待できる医療脱毛です。
蓄熱式と熱破壊式のレーザーは、それぞれ得意とする毛質に違いがあるのでクリニックのカウンセリングを受けて相談することをお勧めします。