確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

医療脱毛が体に及ぼす影響について

多くの女性がムダ毛で悩んでいることから、数多くの脱毛サロンや医療機関において
脱毛処理が行われています。ただ出産や妊娠などの時期には、体が大変切羽詰まった状況に
なっていますので、脱毛には向かない時期と言われています。


また、その後の授乳期においても処置には意見が分かれます。

まず気になる事は、脱毛処理が母乳などに及ぼす影響なのですが、脱毛母乳には無害と言われています。
その理由は、脱毛自体は皮膚のごく表面のみに光や電気などの指示を与えて行うことですので、
身体全体に渡る影響はほとんどないためです。

身体への影響


大変強い刺激用いる医療脱毛などの際でもこのことは同様です。完全な脱毛を行うために
病院などで医療脱毛を受けたとしても、そのこと自体が母体に及ぼす影響というのはあまり大きくはありません。

 

高いエネルギーを利用する医療脱毛でさえもこのようなことですから、医療サロンで行うような
弱い刺激を用いた脱毛の際は、より小さな影響しか与えませんので、処置自体が問題となることはまずありません。
この時期に脱毛処置などが避けられる理由としては、この時期における体調の影響によりあまり効果がない場合があるからです。

 

 

授乳期におけるホルモンバランスの影響

 

ここまで述べたように、授乳期における脱毛などの行為を避けるということは、母乳などに及ぼす影響があるというわけではありません。
この時期においては、通常の状況とは異なるホルモンバランスとなっているために、
医療脱毛などの強力な脱毛処置を行ったとしてもあまり効果がないということが言われているからです。

 

この時期の女性の体というのは、多くの場合体毛が生えやすいような状況になっていると言われています。
したがって、たとえ強力な医療脱毛を行ったとしても、十分な効果が得られない可能性が高くなります。


また脱毛などの処置を行った事後は、しばらくの間は通常の生活ができない可能性もありますので、
子供を育てなければならない忙しい時期と重なると色々と不都合が起きます。


この様な事から、脱毛OKのサロンとNGのサロンがあるわけです。この様な事情ついてよく理解しておく必要があります。

授乳期の脱毛自体では問題ないのですが、その際の効果が下がる事やその後の付加的な処置を行うことが
通常時と比べ難しくなるということが授乳期に脱毛しないほうがいいという理由になっています。


このようなことをよく考えて、この時期に脱毛を行うかどうかについて検討を行う必要があります。

医学的な脱毛