確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

IOラインの脱毛ならキレイモがおすすめ

全身脱毛が低料金で受けられるキレイモは、脱毛器が冷却装置付きで、痛みが少ないという点でも
人気が高く、特にデリケートな部位だといわれているVIO脱毛においては、幅広い年代の女性たちに
高く評価されているおすすめサロンです。

 

光脱毛は痛くない、とうたわれてはいますが、多くのサロンで使われている脱毛器は
高熱を照射するので、冷却ジェルを塗っていても痛みを感じがちです。

痛みを感じる

 

特に敏感な皮膚であるVIO脱毛ではかなりの激痛を伴うことも珍しくはなく、
施術に時間がかかってしまうといった声も聞かれています。

 

しかし、キレイモでは、痛みが全くないので、VIO脱毛もストレスなく、スピーディに施術できます。

特におすすめはIOラインで、ヘアを無くしツルツルに仕上げておくと、蒸れや臭いの予防にもなり
排泄時の処理も、生理中も、衛生的に過ごすことが出来ます。

 

また、よく聞かれるアソコの黒ずみといった問題も、硬いアンダーヘアがデリケートなアソコの皮膚を
こする摩擦によって起きてしまうため、座った時などに圧迫してしまうIラインのヘアは
綺麗になくしておくのがおすすめです。

 

こういった部位は、身体の構造上、自分の目で見て処理をするのは不可能で
無理に行えば、大切な部分に傷を付けてしまうことにもつながりかねません。

 

キレイモならスタッフの技術力も高く、難しいVIO脱毛も美しく完璧に仕上げてもらうことができ
Vラインも希望の形にしてもらえるのでおすすめです。

 

永久脱毛しても後悔はない?

VIO脱毛では普通、Vラインをある程度残して形を整え、IOラインは
ツルツルに脱毛してしまうというのが一般的です。

Vラインにおいては審美性の追求、IOラインにおいては
清潔さと快適性の追求が目的であると言えます。

なぜでしょうか。

 

生物学的にアンダーヘアは古来、生殖器のある場所を示すために注目させる
またフェロモンを付着させてそのニオイを発散させるという目的があったはずです。

しかし今日ではいずれも考慮に値しません。

 

そのため必要に応じて形を整えたり、脱毛してしまうという発想は当然生まれてきます。

意識の変化

 

VIO脱毛におけるおすすめは、Vラインを自然な形に整えてその周囲を脱毛、
IOラインは清潔さ・快適さの追求からツルツルになるように脱毛してしまうというスタイルです。

蒸れ・ニオイの発生・かゆみなどが大幅に軽減するメリットがありますので、非常におすすめです。

 

施術を済ませた人であれば、デメリットなど考えられないというのが普通です。

日本には温泉などの文化がありますから、Vラインまで完全脱毛を施すという事に抵抗を感じる人もいるでしょう。

 

ただしVIO脱毛の認知度そのものが高まってきていますので、オシャレの一貫としてVラインも
もっと個性的な形にしたり完全に脱毛してしまうというのもまたおすすめと言えるようになってきました。

 

ところでVIO脱毛に関しては誤解も多いのですが、永久脱毛という事にはなりません。
エステティックサロンであれ医療系美容クリニックであれ、再発毛までの
保証期間を設けるという形で対応しているのが普通です。

 

数年から十数年というのが一般的でしょう。

もしより永久脱毛に近づけたいのであれば、医療系美容クリニックがおすすめです。

こちらではレーザー方式によって施術が行なわれますので、エステに較べて出力が高く、脱毛効果が強力なためです。

またトータルの施術回数も少なくて済む可能性もあります。