確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

安全な医療脱毛で美しい肌を維持

日本でも多くの医療機関で使われているジェントルマックスプロとは、
様々な機能を搭載した医療脱毛マシンです。


医療脱毛は医療機関だけで行える脱毛の施術で、様々な特徴を持ちます。
皮膚冷却ガスで痛みを緩和し、広範囲にレーザーを照射できます。

皮膚に対するダメージを和らげるので、痛みを減らせます。
24mm口径に変更すれば、医療脱毛を効率よく実施できます。

レーザーを効率よく照射できると、施術時間の短縮に繋がります。
24mm口径を使うと直進性が増すので、皮膚の奥深くまでエネルギーが届きます。

メラニンに対して敏感に反応し、照射時の痛みは抑えられます。痛みのない施術
皮膚の奥までレーザーが届くので、男性の髭脱毛にも使えます。

男性の髭は深い部分に毛根があるので、波長によって効果が異なります。
深い部分までエネルギーが届くと、髭も綺麗に処理できます。

医療用のレーザーを使うと毛が太くなるケースがありますが、繰り返し施術を受ければ解消します。
デリケートゾーンは毛量が多いため、痛みが出やすくなります。

デリケートゾーンの毛を処理したい場合は、麻酔クリームを使うと痛みを減らせます。
出力が高いレーザーは様々な毛質や肌質に対応できますが、刺激も強くなります。

パワーを微調整できるマシンなら出力を下げられるので、刺激を抑えられます。

 

2種類の波長を持つレーザーで医療脱毛

ジェントルマックスプロは2種類の波長を持つレーザーなので、幅広い肌質に使えます。
レーザーがメラニンに反応すると、熱エネルギーが発生して毛包や毛根を破壊します。

体毛にはヘアサイクルがあるので、全ての毛を処理するためには一定の期間が必要です。
医療脱毛は他の方法よりも施術回数が少ないため、短期間で施術を終えられます。

ジェントルマックスプロはレーザーフェイシャルの機能も備えているので、シミやニキビなどの肌トラブルにも対応できます。
波長が異なるレーザーを使い分けるので産毛や細い毛、毛根が深い毛にも使えます。にきび肌の脱毛

従来の医療用レーザーと異なり、色黒の肌や日焼け肌の人で利用できます。
毛が太くて濃い部位や、デリケートな部位にも使えるので男女を問わず好評を博しています。

冷却ガスを照射時に噴射すると、痛みを抑えて施術を続けられます。
レーザーフェイシャルを利用すれば、ムダ毛の処理を持続しながら美しい肌も手に入ります。

医療用レーザーを使った施術を行う前には、カウンセリングを行います。
カウンセリングでは、施術内容や費用について詳しく説明します。
施術内容や費用、サービスについて説明を受け納得できてから施術を受けるので初めての人でも安心です。