確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

医療脱毛後は肌がデリケートな状態

医療脱毛は永久脱毛が叶う脱毛方法で、毛根にレーザーを照射して破壊するという施術です。
脱毛効果の高さ故に肌への刺激も強く、施術後の肌はとにかくデリケートな状態です。


火傷をしたときのような状態になり赤みや痒みやピリピリ感が出てしまう人もいますし、
乾燥していると硬毛化などのトラブルが起こるリスクも高まります。


そこで重要になってくるのが医療脱毛後の丁寧な保湿ケアです。
施術後の保湿ケアの重要性についてですが、潤いをチャージして水分保持力が向上することで
肌環境が健やかに整いトラブルの予防につながる、皮膚表面の角質が柔らかく滑らかになり
ムダ毛が皮膚の中で埋もれて成長する埋没毛が出来にくくなる、ターンオーバーが活性化されて
肌再生もスムーズに行われるようになり毛周期が乱れないなどがあります。

肌環境を守る


セラミドやヒアルロン酸などの美肌成分がたっぷりと配合された伸びの良いローションやジェルやミルク、
角質が硬くなるのを防ぐ尿素が20%以上の高濃度で含有されている濃密なクリーム、
血行促進効果が期待できるマッサージオイルなどを用いて、乾かない健康美肌を維持すべきです。


施術直後だけではなく、毎日行うのが理想的です。

 

医療脱毛をしている期間中の注意事項

医療脱毛を受けるためにクリニックに通っている期間中の注意事項についてですが、
医療脱毛効果をアップさせるためにダメージから肌を守ることを忘れてはいけません。


アルコールの摂取や紫外線による日焼けや物理的な摩擦や心的ストレスなどが肌ダメージに直結しますので、
肌の健康のことを第一に考えて注意すべきです。


ダメージを受けると肌が本来持っている角質のバリア機能が衰え、
それに伴いターンオーバーが乱れて肌細胞の生成リズムも乱れます。


それが乾燥を加速させて水分保持力を低下させ、コンディションが悪くなるという
悪循環に陥りますので、気を引き締めて過ごしましょう。


とくに注意しなければならないのが日焼けです。紫外線量が一気に増えるのは5~8月ですが、
3月頃から徐々に強い日差しが降り注ぎ10月の下旬頃までは油断大敵です。

日焼けに注意
日傘をさして物理的に日差しを遮ることも大切ですし、PA・SPFの数値が高いUVケア化粧品を選んで使うというのも効果的です。


紫外線を浴びてしまった場合は、その日のうちにクールダウンさせてローションパックで
たっぷりと潤いを与えて、被害を最小限に抑えるための努力が必要です。
小さな努力の積み重ねが、脱毛効果アップにつながります。