確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

ミュゼの脱毛の流れ

近年人気を博しているVIO脱毛。
デリケートなゾーンもつるつるに美しく仕上げておくことで、
いざという時も困りません。

 

そこで、代表的な脱毛サロンであるミュゼのVIO脱毛の施術の流れを紹介します。
施術の流れ

まずは、一般的な脱毛と同じように、ミュゼで受付を行います。

更衣室に案内され、服、下着をすべて脱ぎ、ミュゼのローブと紙ショーツに着替えておきます。

施術室に案内され、ベッドにあおむけで寝ます。

スタッフによるVIOゾーンの自己処理の確認と処理が行われます。

Vゾーンは、紙ショーツの左右順番にジェルを塗ります。

これは、光脱毛による痛みの軽減や肌の負担を減らすために塗布されます。

左右交互に施術が行われます。

 

次に、Iゾーンです。片足を横に寝かせて、左右交互に処理していきます。

 

Oゾーンは両足を90度くらいに立たせて行います。
Iゾーン、Oゾーンは、女性であればやはり恥ずかしさがありますが、スタッフは淡々と
処理作業を行いますから、あまり何も考えずに構えておいた方が良いでしょう。

全て脱毛が完了しましたら、アフターケアとしてローションを塗布され、終了です。

全体の時間としては、1時間未満で終了します。
VIO脱毛後は、熱いシャワーやお風呂に入ったり、激しい運動は控えるようにしましょう。

 

また、自宅でもアフターケアとして保湿を行いましょう。

ミュゼはVIO脱毛でも人気の脱毛サロンです。
実績、人気、共に高いので、脱毛初心者であればミュゼをお勧めします。

 

ミュゼのVIO脱毛の技術力

ミュゼでVIO脱毛を受けたいときは、ハイジニーナ7VIO脱毛コースを利用すれば
デリケートゾーン7ヵ所のムダ毛をまとめて処理することが可能です。

高い技術があるため、トライアングル上、下、Iライン、ヒップ奥、へそ下、Vライン上、Vラインなどの
ムダ毛を一本残らずなくせるだけでなく、望むような形に整えてもくれます。

 

ミュゼは数多い脱毛サロンの中でも、技術力が高いことで知られているので
どの部位の脱毛でも安心して任せられます。

技術の低いサロンにVIO脱毛を任せると、毛を残す部分と、毛のない部分の境目が不自然になりますが、
ミュゼなら処理する範囲を少しずつ変えて脱毛できるので、自然な仕上がりになります。

 

強くなるミュゼのスタッフはVIO脱毛の経験が豊富で、さまざまな脱毛のコツを知っていますから、
どのようなデザインや形の希望も叶えてくれます。

希望に沿う

施術中にデリケートゾーンを人に見られるのは恥ずかしいという方は多いですが、
ミュゼではまずお客様に紙ショーツをはいてもらってから、左右を順番にお手入れを行います。

 

その際、ショーツを全部脱がすのではなく、少しだけずらして、処理する部分だけが見える状態にしてから
脱毛してくれるので、それほど恥ずかしい気持ちにはなりません。

 

ミュゼは技術が高いだけでなく、このような心配りがあることが人気の秘密なので、
デリケートゾーンのムダ毛が気になる方は施術を受けるようにしましょう。