確実なのは医療脱毛

痛みの少ない医療脱毛

top  蓄熱式レーザー  自宅用脱毛器(光美容器)  脱毛後の再生  脱毛の定義  ポップアップ現象 
 痛みやリスク  美容脱毛との違い  自己処理不要  脱毛後の入浴  シースリーの永久保証  10年後の医療脱毛 
 鼻だけ医療脱毛  ジェントルマックスプロ  授乳中の医療脱毛  ハイジニーナの回数  ヘルペス持ちの場合
脱毛肌への保湿  ほくろがある場合  未成年者の脱毛  気楽に施術を受けられる  施術の流れを知っておく  IOラインをツルツルに  キレイモでのVIO脱毛  銀座カラーでのVIO脱毛  自宅でVIO脱毛する方法  毛量を減らしたい時  sitemap

自信に繋げる

そもそも脱毛の定義とは何か

どのような言葉においても、定義と呼ばれるものがあります。
この定義は一見難しそうですが、実は他のものと区別をする場合これが明確でなければ区別ができないことになります。


例えば電車の定義とは何かと言えば、線路の上を走るものに加えて電気で走っているものです。
そのため、線路の上をトロッコが走ったとしてもそれは電車と認められません。

このように、様々なものの定義付けが必要になりますが、脱毛に興味がある人ならば
脱毛の定義は理解しておきたいところです。医療脱毛の効果


脱毛の定義のポイントの1つは、完全にムダ毛がなくなった状態と言うことではありません。
多くの人が勘違いしているところですが、これは脱毛の定義とは言えないわけです。


実際に、医療クリニックなどに通い高いお金を払って1年ぐらいかけながらムダ毛処理をしたとしても、
完全にムダ毛がなくなるわけではありません。つまり、いくらお金をかけたとしても、
何割かの毛が残ることになります。


米国電気脱毛協会(AEA)や米国食品医薬品局等が出している定義としては、
脱毛をしてから1ヵ月以上経過した場合に、今まで生えていた状態に比べると
20%未満しか生えていない状態のことを意味すると言うわけです。

 

脱毛の定義を考えるにあたり必要なこと

脱毛をする場合その定義が必要になりますが、なぜこのようなことが必要になったのでしょうか。
これには色々な考え方があり、実は明確なものは存在しません。


ただ一般的に言われている事はそもそも完全な状態のムダ毛処理が存在しないことです。
よく永久脱毛と言う言葉があるため、何か薬を塗れば完全にムダ毛がなくなるといったイメージをしている人がいます。


そしてそれが、医療脱毛の効果と述べる人もいるかもしれません。
しかし実際には、完全になくなるものではなく、処理をしてからも2割位は生えてきてしまいます。


もう一つ問題になりやすいのは、医療クリニックとエステサロンのムダ毛処理の違いになります。
一般的にエステサロンのほうは、正式には減毛などと言われることが多いです。

エステとの違い
その理由は、そもそも定義に当てはまらないからといっても言い過ぎではありません。
つまり、処理をしてから1ヶ月以上経過した段階で、20%以上は生えてくる可能性があるからです。
ただそれでも、最近は技術が進化しており20%に近い形で処理ができるようになっているわけです。


ちなみにクリニックの方では、レーザーを使っているためかなり強い効果を発揮しやすいのが特徴と言えるかもしれません。