top  キレイに印刷?  既製品とオリジナル  少ない数でも  染色方法  街頭選挙  寄席の入り口  デモ行進  配色のNG  視認性  sitemap

オリジナルのぼり

オリジナルのぼり制作方法について

デザインする

視認性が高い

のぼり旗というのは、お店や商品の宣伝によく使うアイテムですが、
宣伝をするのですから、視認性というものが大事になってきます。

視認性

つまり、読みやすいものでなければ意味がないわけです。

せっかく人の目にとまったとしても、読みやすいデザインでないと
よく内容を読んでもらうことができませんから、宣伝効果が不十分になってしまいます。

これでは、せっかくのぼり旗を用意して設置してもムダですから、
オリジナルののぼり旗を作成する時には、読みやすいデザインというのを
心がけることが大切と言えます。


では、読みやすいデザインとは一体どういったものなのかというと、
ポイントの1つとなるのは色の組み合わせです。


色には相性というものがあります。
ですから、相性が良い色でのぼり旗を作成すれば、視認性がアップし、
読みやすくなるわけです。

色の相性


よくあるのは、白と赤、もしくは黄と赤の組み合わせで、
明るくてとても目立ちます。


これなら、高い宣伝効果が期待できることでしょう。

そして、もう1つ気にしておきたい大事なポイントが文字の大きさです。


のぼり旗にインパクトのある言葉を目一杯印刷すれば、
よく目立って遠くからも読めるようになります。


細かな字で長々と印刷すると読みにくくなりますから、
注意しておきたいところです。


ただし、メインの言葉の横にサブの言葉を入れておくぐらいは問題ありません。
魅力的な宣伝文句を入れることで、より効果が増すこともあるものです。