オリジナルのぼり

オリジナルのぼり制作方法について

top  キレイに印刷?  既製品とオリジナル  少ない数でも  染色方法  街頭選挙 
 寄席の入り口  デモ行進  配色のNG  オリジナルののぼり旗を作成する時  京都のれんにのぼりの製作  道の駅の宣伝 
 感染予防の呼びかけに  工事中の安全対策  規格外のサイズ  sitemap

デザインする

のぼり旗の機能性を生かして感染予防を行えます

オーダーメイドでのぼり旗の製作を引き受けているnoboribata.netでは、
使える資材や使える色付けの方法、サイズや設置する際に必要なパーツの取り付けも行ってもらえます。


のぼり旗は規格品として数種類のパターンがありますが、形状を含めて
自由度の高い製作も行っているので希望に合うのぼり旗を作れます。

希望に合うのぼり


機能性は普通の看板よりも大きな効果を発揮させることができ、風になびくという条件と、
店舗であればお店の前に設置することもできるので、感染予防をアピールするには効果的なアイテムです。


この会社は新聞に掲載された経験を持っているのですが、その理由の中には
京都から全国に発信していることや、自由度の高いオーダーメイド品を作成できること、
1つ当たりの単価が安いことも会社の魅力としています。


営業時間中は常に屋外に設置をすることになるので、耐久性についての問題も出てきます。
この点においては選ぶ素材により撥水性脳や防水性、耐候性など特殊な素材や特殊な加工技術を有しているので、
長期間にわたって使い続けられることもポイントです。


ウイルスの場合は多くの方が恐れてしまうこと故に、この会社で対策を十分に行っていることを
アピールできる文字入れを行えば、街を歩く方々にとっては安心できるお店として認識されるメリットがあります。

 

広い範囲に周知をする際にも貢献できるのぼり旗の製作

noboribata.netは布を素材にした各種アイテムを販売する他、オーダーメイドにより自由に発注することができることが大きな特徴です。


選べる素材の多さや生地の機能性の豊富さ、依頼者からのデザイン入稿で
限りなくデザインに近い状態で印刷等を行えることも魅力です。


のぼり旗は宣伝用のアイテムとして使われることが多いのですが、現在では
ウイルスの感染予防の対策として広範囲に呼びかけを行うことにも非常に役立ちます。


ウイルス関連ではのぼり旗の設置場所を通る方々に対して、徹底した予防対策を
呼びかける際に使えますが、飲食店や小売店、サービス系の店舗でも、のぼり旗を使って
お店は十分な対策を行っていることをアピールする際にも効果は実感することができるのではないでしょうか。

のぼりで対策アピール


店頭に何も置いていない場合と、のぼり旗を製作してアピールをしているお店と比較した場合、
多くの方がアピールをしている方に流れる傾向にあるので、安心安全の対策は店内でも
しっかりと行うことは必要ですが、この会社を利用して発注する方法であれば、
高品質で単価が安いので小ロットであっても納得できる仕事を行ってもらえます。


発注もネット上だけでやり取りできるように配慮しているので、京都から離れた地域で
店舗など営業している方にはメリットしか感じないのではないでしょうか。